ご案内資料ダウンロード
ご質問はこちら

「まるっとお任せできるフリーランスWebデザイナーを探していた」数あるエージェントの中で『Workship AGENT』を利用した理由

Chatwork株式会社

「まるっとお任せできるフリーランスWebデザイナーを探していた」数あるエージェントの中で『Workship AGENT』を利用した理由

デザイナー、エンジニア、マーケター、編集者、人事、広報などデジタル業界で活躍するスキルホルダーとプロジェクトをマッチングするスキルシェアサービス『Workship』(運営:GIG)では、エージェントが案件のマッチングをサポートするサービス『Workship AGENT』を展開しています。

今回、Workship AGENTをご利用いただいたビジネスチャットツール『Chatwork』を展開するChatwork株式会社の竹本大樹様、そしてWorkship AGENT経由でアサインされたフリーランスのWebデザイナー鮫島允様、またWorkship AGENT高本を交え、企業側視点、フリーランス側視点から「なぜWorkship AGENTを利用したのか」を詳しくお聞きしていきます。

課題をもとに要件定義からタスクへの落とし込み、さらに改善提案までしてくれる人を探していた

竹本:今回、GIGの『Workship AGENT』を利用させていただいた背景としては、もともといた担当者が長期休暇に入り、後任を務めるWebデザイナーが不足している状況だったことがあります。

そのため、これまで元の担当者が行っていたタスクを引き継ぎついでいただきつつ、Chatworkのサービスサイトをはじめとした、Webサイトの改修・運用をお任せできる外部のWebデザイナーを求めていたんです。

というのも、マーケティングチームからの改善依頼もあれば、広報チームからの依頼も発生するといった状況だったため、依頼を整理してタスクに落とし込み、外部デザイナーの方に都度発注するというスタイルでは追いつかないなと思っていて……。

特にマーケティングチームからの改善要望は、分析をもとにどう改善していくかといった、そもそもタスクになる前の課題が多く、そういった課題に対する改善提案までもしてくださる方がいればと思っていました。

そのため欲張りな要件かもしれませんが、依頼者と直接やり取りしていただき、依頼に対して要件を定義し、タスクに落とし込んでいただける、つまりはまるっとお任せできる方を探していましたね。

Chatwork 竹本大樹 氏

鮫島:Workship AGENTからChatworkさんの案件のお話をいただいて、単純に面白そうだと感じました。どうしてもフリーランスだとスポットでの案件が多いく、なにかつくって終わりというケースがほとんど。でもそれだと、つくり手としてはどこか “物足りなさ” を感じることも多かった。

そうして長期的に携われる運用案件や改善施策などに携わりたいと考えていたところに、お声がけいただいて。もともとChatworkさん自体を知っていて「いつかお仕事でご一緒できたらいいな」と思っていたので、とてもありがたいお話をいただけたと思っています。


エージェント経由の案件では両者のニーズがマッチするような丁寧な折衝が重要

竹本:今回、業務委託先を探す期間としては1ヶ月ほどしかありませんでした。はじめは知人経由で探していたのですが、それだと自分が動かないと進まないため、なかなか思うようにスムーズに進めることが難しくて。

そんな中、社内でGIGのWorkship AGENTのサービスを知っているメンバーがいたので紹介いただき、GIGの高本さんが担当となって一緒に業務委託先を探していただくことになりました。

今回、Workship AGENTに依頼して特によかったのが、業務委託の方との契約まわりの情報整理の部分。今回依頼する業務内容は、すでにある運用タスク以外は施策ベースで都度タスクが発生するため、なかなか要件が定まりづらかったんです。

そこで高本さんにいろいろヒアリングをしていただき、契約の期間や支払い条件、また細かい要件の吸い上げなどを丁寧にサポートいただきました。最終的に候補となる方を3名ご提案いただいたのですが、どの方も我々が求めている条件にピッタリと当てはまる方々で。中でも鮫島さんであれば、お任せしたい仕事をそのままお願いできると思い、依頼させていただくことにしました。


Workship AGENT(GIG) 高本氏

高本:Workship AGENTとしては、「いいプロジェクトといい人材のマッチング」を大切にしています。どうしてもエージェント経由の案件というのは、トラブルが起こったり、誰かが疲弊する、といったことが起こりやすいんですね。Workship AGENTではそういったトラブルが起こらないよう、丁寧な対応を常に意識し、行なっています。

そして、企業のニーズだけでなく、フリーランスの方々のニーズもしっかりとヒアリングすることも重要です。両者のニーズがピッタリと合うよう、折衝していくことが我々の役割かなと。

今回の案件で言えば、当初の要件に「LP制作」というのがありました。しかし、LP制作があるとないのとでは、タスク量が大きく異なってきます。そこでどれくらいの頻度でのLP制作を想定しているのかなどをヒアリングさせていただき、業務量のすり合わせを進めました。 

鮫島:フリーランス側からしても、Workship AGENTのような動き方は非常にありがたいです。フリーランスからすると、どうしても「依頼自体がなくなるかも」という不安もあり、なかなか細かい要望を出しづらいケースも多くあると思うので。

今回、そういった細かい要望を高本さんにしっかりと汲み取っていただきました。また、タスク量の調整含め、事前に認識合わせを進めていただいたことで、安心して依頼を受けることができました。


「実はエージェント経由での稼働したのは初めてだった」実感した、長期的に携われるからこその面白さ。

竹本:今回鮫島さんにお仕事を依頼させていただき、早い段階で当初叶えたかった「まるっとお任せする」ことが実現できました。本当に助かっています。

依頼者とのコミュニケーションもそうですし、制作で使っているツールなどの制作環境にもすぐに理解していただき、当初思っていたよりも早い段階でまるっとお任せできる状態になりました。

今はほぼリモートでの業務ですが、距離が離れていることを感じさせない動き方を鮫島さんはしてくださるんですよね。また、こちらが想定していたアウトプットよりも2割増しくらいで常に良いアウトプットをしてくださって……本当にWorkship AGENTを通じて鮫島さんに出会えたことに感謝しています。

Workship AGENT自体また利用したいと思いますし、もし他の部署でリソースを探しているようであれば、ぜひWorkship AGENTを紹介したいですね。

鮫島:正直、こういったエージェント経由でのお仕事というのは初めてで。エージェント自体にはいくつか登録していましたが、不安を覚えることも多く、一度も受けたことがなかったんです。

今回は、GIG自体への信頼度も高かったというのもありますし、高本さんの丁寧な対応が決め手となりお仕事を受けさせていただきましたが、本当に満足しています。

いま業務が開始して2ヶ月(取材時点)ですが、振り返ってみても非常に仕事が進めやすい。それは事前にすり合わせができていたことはもちろん、Chatworkさんの組織がしっかりしているからだと思います。たとえばデザインのレビュー体制がちゃんとあるので、僕のアウトプットに対しても指摘してくださります。案件を通じて多くの学びを得られていると感じますね。

そして単発の依頼ではないからこそ、長期的な目線で制作に携われることが、Webデザイナーとしては非常に意味のあることだなと。たとえば直近ではヘッダーメニューの改修に取り組んだのですが、今後の運用のことを考慮したソースの書き方をしたり、バラバラになっているソースを整理したりと、長期的に携われるからこそできることがある。そういった1つひとつが楽しいですね。

フリーランス活用について相談してみる