ご案内資料ダウンロード
ご質問はこちら

新しいビジネスモデル実現に向けて、フリーランスを積極活用。Workshipで理想の人材に出会い、最高のスタートをきれました。

株式会社バリュープレス

新しいビジネスモデル実現に向けて、フリーランスを積極活用。Workshipで理想の人材に出会い、最高のスタートをきれました。

企業向けのプレスリリース配信サービスを展開する株式会社バリュープレス。利用企業数は5万5000社を超え、国内最大のプレスリリース配信サービスとして数多くの企業に活用されています。

10年近く前から多様な働き方を取り入れ、事業を成長させてきた同社を率いるのは、代表取締役の土屋さん。現在は新たなビジネスモデル実現を加速させるために、Workshipを活用して人材を採用しています。

そんな土屋さんにバリュープレスの事業と、数ある人材サービスの中でもWorkship活用を進める理由について伺いました。

クライアントの広報課題を解決に向けて、「サブスクリプションモデル」の導入を進める

ーー 事業内容について教えてください

法人向けに、プレスリリースの配信サービスを運営しています。いま利用企業数は5万5000社(インタビュー時)で国内最大。リリースしたいなと思ったらオンラインでログインして、プレスリリースを世の中に発信することができます。

現状、クライアントの課題として「広報経験の不足」と「リソース不足」があります。実は広報担当者がいる会社は、私たちのクライアントでは半分以下です。他の職種と兼任している場合や社長が担当している場合が多い。基本的にノウハウを学ぶ時間もないため、たとえ大切だと思っていても手が回らない。

そこで私たちが定型化できる活動を仕組み化し、必要であればアウトソーシングサービスも提供。プレスリリースを効率化するサポートをしています。

ーーどのようなメンバー構成でサービスを展開してらっしゃいますか?

大きく分けると、「開発」と「サポート」の2チームになります。開発メンバーは主にエンジニアとデザイナーで構成されています。サポートは問い合わせ対応だけでなく、カスタマーサクセスも手がけています。

実は、カスタマーサクセスに本格的に取り組み始めたのは最近。企業がPR活動をする上で、大きな課題である情報発信不足を解消するためです。1回配信するごとに3万円となると躊躇してしまう。広報活動は費用対効果が短期的には見えづらいため、なおさらです。

そこでサブスクリプションモデルでは、リリースの配信数を月額3万円で無制限にしました。また、執筆する時間がないクライアントは原稿作成も無制限で依頼できるので、いま以上に企業のプレスリリース配信を効率化することができると考えています。

単に報酬のためではなく、熱意を持ってプロジェクトに参加してくれる人材がなかなか見つからなかった

ーー どのような経緯で、フリーランス人材を探しはじめましたか?

新規プロジェクト(サービスのサブスクリプション化)の立ち上げに伴って、探しはじめました。現在、サービスの一環として、プレスリリース配信以外にもクライアント企業の魅力を伝える方法を探っています。その具体的な方法として、ひとまずインタビュー記事の制作を進めていこうと思い、ライター募集をはじめました。

ーー Workshipをご利用いただく前に、他のサービスは使いましたか?

使いました。とある人材サービスでライターを募集していましたね。でも、どうしても単価や納期などの条件面で判断されがちで......。また、人材が玉石混交の状態で、良い人を探すのも大変。単価をあげれば良い人に出会えるかもしれないけど、結局はそれも条件から入ってしまうことにはなるんですよね。

そのサービスが悪いというよりは、そもそも仕組みや仕様上、私たちのニーズにはフィットしないのだと思います。プロジェクトのコンセプトに共感した上で一緒に作ってくれる人を探していたんです。単に報酬を目的とするのではなく、一緒に作り上げる熱意のある人を。

いくつか人材サービスを使いましたが、なかなかそういった人材を見つけることができずに困っていたときに、facebook広告で『Workship』を見つけて登録しました。

新規プロジェクトを最高の形でスタートできたことが、何よりも嬉しい

ーー 実際に使ってみてどうでしたか?

フリーランスの方のリアクションがすごくよくて、使っていて楽しいですね。まだ使い始めて間もないですが、多数のマッチングのうち7割くらいの方と仕事の話を進めてますね。本当に驚いています。職種でいえば、ディレクター、編集、ライター、デザイナーの方には、Workshipを通してすでに発注したことがあります。

プロジェクト単位で説明を書いて募集すればよく、実際にリアクションをした方が多くいて感動でした。それに、お互い「気になる!」をしてマッチングが成立したら、早い段階で「会いましょう」という話になる。とってもお手軽です。

しかも、お会いしたフリーランスの方がすごく良い人で。プロジェクトに参加する意味をしっかり持って参加してくれました。一緒にユーザーの方に向き合って話ができることが嬉しかったですね。「ただ依頼された仕事をこなせばいい」というスタンスではなく、積極的にアイデアを出して提案してくれました。

ーー 課題は解決しそうですか?

はい。それまではうまく進まなかったことがどんどん進んで、驚いています。一般的にプロジェクトの立ち上げ時には、人材に関する問題がよくあります。たとえば、「そもそも人が集まらない」「集まっても人材のディレクションがボトルネックになる」「体制や仕事の整理がしっかりできていない」「人がいなくなる」などです。

でも、Workshipでそういった問題を解決できました。素早い仮説検証によるプロジェクト進行を重視している私たちにとって、短い期間でサブスクリプションモデルの体制を構築できたのは、何よりも嬉しいこと。

今後は運用面で協力してくれる人材を募集する予定です。新しいモデルのサービス体制をこれから整え充実させる必要があるので、引き続きWorkshipを活用していこうと思っています。

フリーランスの情報がより充実し、プロジェクトにマッチする人材の判断が素早くできれば

ーー 今後のWorkshipに期待することが何かあれば教えてください

今後、さらに効率よく人材を採用できるようになれば嬉しいですね。登録している人材の情報が充実してくれば、私たちとしても、フリーランスの方にとっても受発注がスムーズになるのかなと。ライターやデザイナーについては、ポートフォリオを見ればだいたいわかるのですが、たとえばディレクターなんかだと、時々わかりづらいところがあって。

あとはやはり、私たちの事業が広報に関するものなので、Workshipに広報経験者が増えたらとは思いますね。事業やプロジェクト、フェーズによって今後も活用していきたいと考えているので、その時々の課題解決にマッチする人材がすぐに見つかるといいなと。

とはいえ、Workshipを活用してみてとても満足しています。これからも素敵な人材に出会えそうで、活用するのが楽しみですね。

募集掲載はこちら