終了

【クラウドシエン×Workship】中小企業で最大で8000万円!優秀な人材の確保に使える助成金・補助金徹底活用セミナー

【クラウドシエン×Workship】中小企業で最大で8000万円!優秀な人材の確保に使える助成金・補助金徹底活用セミナー

セミナー概要

中小企業をはじめとする多くの企業が、昨今のコロナ禍からの立ち直るために取り組んでいる組織の活性化。さらに組織や事業を安定させ、成長・発展させるためには、より良い人材の登用が急務です。

こうした環境の中、大企業が相次いで副業を解禁。フルタイムでなくても、フリーランスや副業などの形で優秀な人材が求人市場に登場するようになりました。企業にとっては人材調達を加速させるチャンスである一方で、採用や教育にコストがかかることも事実です。

このように「人材採用に費用面での不安を抱えている」企業の解決策の1つが、補助金や助成金などの公的資金を活用すること。

そこで今回フリーランス・副業人材と企業を結ぶマッチングサービス「Workship」では、『誰もが自由に創造できる社会へ』をビジョンに掲げ、企業の公的支援の活用を支援している株式会社クラウドシエンより代表の神原様をご招待。近年の人材採用に関するトレンドの解説と共に、人材採用に対して活用できる公的支援について解説していきます。

▼▼▼お申し込みはこちら▼▼▼

コンテンツ

  • 自己紹介/会社紹介
  • そもそも助成金や補助金とは
  • 人材採用・人材開発に活用可能な助成金や補助金
  • 活用事例

このような方におすすめ

  • 事業責任者・経営者の方
  • ベンチャー企業・中小企業の採用担当者
  • 人材関連の公的支援について理解を深めたい方

タイムスケジュール

12:00 Zoom開場・ウェビナー開始
12:45 質疑応答
13:00 閉会予定

※ 当日の内容やタイムスケジュールは予告なしに変更となる場合がございます。
※ 11:55より入室可能です。
※ 初めてZoomをご使用する場合は、参加用URLにアクセスしていただいた後、ツールのインストール作業(無料)に5分ほどお時間が必要となります。開始時間前に余裕をもってご接続ください。

<注意事項>

  • 当日の内容は予告なしに変更となる場合がございます。
  • 主催、登壇者企業と競合するような企業、事業者のご参加はご遠慮願います。
  • お申し込み時のお客様情報に虚偽が発覚した場合、応募が無効となる場合がございます。

<主催者>

株式会社GIG

ナショナルクライアントからスタートアップまで、Webコンサルティング、UI/UXデザイン、システム開発など、DX支援をおこなう。また、約28,000人のITプロフェッショナルとプロジェクトマッチングサービス「Workship」を運営する。
GIG:https://giginc.co.jp/
Workship:https://enterprise.goworkship.com/

<ウェビナー(録画)を視聴する>

<当ウェビナーに関するお問い合わせ>

株式会社GIG(担当:早河)
Mail:hayakawa_hirotaka@giginc.co.jp
ご不明点がございましたら、担当までご連絡ください。

開催概要

イベント名
【クラウドシエン×Workship】中小企業で最大で8000万円!優秀な人材の確保に使える助成金・補助金徹底活用セミナー
開催日時
2022年08月10日(水)12:00-13:00
プログラム詳細
・自己紹介/会社紹介 ・そもそも助成金や補助金とは ・人材採用・人材開発に活用可能な助成金や補助金 ・活用事例 ・Q&A
主催者
Workship / 株式会社GIG
備考
<こんな方におすすめ> ・事業責任者・経営者の方 ・ベンチャー企業・中小企業の採用担当者 ・人材関連の公的支援について理解を深めたい方

登壇者

  • 嘉藤 智史(かとう さとし)
    株式会社GIG SkillShare事業本部 マーケティング事業部 事業部長 嘉藤 智史(かとう さとし)

    コンシューマ向けのセールスとしてキャリアをスタートし、大手人材ベンチャー、スタートアップ企業でのIT企業を中心とした採用戦略、組織構築支援を経て2018年9月GIGにジョイン。『Workship』のセールス組織の責任者として、組織戦略の立案、計画、実行まで一貫して行う。事業部長に就任後はPMMとしてマーケティング・セールス・カスタマーサクセスのビジネスサイド全体を管掌し『Workship』のビジネスデザインを担当している。

  • 神原 翔吾 (かんばら しょうご)
    株式会社クラウドシエン 代表取締役 神原 翔吾 (かんばら しょうご)

    2004年、大学在学中にJavaの3Dグラフィックスプログラミングを活用したオンラインショッピングモール事業を行うスタートアップとして起業し2005年に法人化。 東日本大震災を契機にマサチューセッツ工科大学(MIT)メディアラボ牽引のプロジェクトや「Code for Japan」による【Open Street Mapping】のプログラム参画等、シビックテックに関連するプロジェクトを経験。オープンデータをより効率的に活用することで経済の活性化や行政の高度化が期待できるとその重要性を改めて認識し、行政領域の課題解決を見出すきっかけとなる。 2018年、株式会社クラウドシエンを創業し、代表取締役に就任。