資料請求はこちら
ご質問はこちら

マッチング精度の高さのおかげでハイスキル人材の採用に成功。Workshipを活用して社内のクリエイティブレベルも向上しました

株式会社ガラパゴス

マッチング精度の高さのおかげでハイスキル人材の採用に成功。Workshipを活用して社内のクリエイティブレベルも向上しました

株式会社ガラパゴスは、「最先端の技術に寄り添いながら人類の進化に貢献する」をミッションに掲げるテックカンパニー。2009年の設立からスマートフォンアプリ開発を主軸に成長を続け、2019年にはAIを活用したクリエイティブ制作サービス「AIR Design」をスタート。現在、大手企業からスタートアップまで幅広い規模の企業で導入されています。

今回は、採用責任者の岡田さまと執行役員としてクリエイティブチームを統括している岡崎さまに、Workshipを使ってみた感想や効果、今後どのようにWorkshipを活用していきたいかなどについて、お話を伺いました。

この記事の要点

  • ポートフォリオと実技試験で能力をチェック
  • ミスマッチを防ぐため、志向のヒアリング実施
  • 転職市場にはいない質の高い人材へアプローチ

豊富な実績をもとにクリエイティブでマーケティング課題の解決を支援。強みは質とスピード、改善サイクルの早さ

(執行役員 岡崎さま)

ーー事業内容について教えてください。

岡田さん:スマートフォンアプリの開発と、新規事業である「AIR Design」の2つを柱にしています。AIR Designは2019年にスタートした事業で、WEBマーケティングに特化したクリエイティブソリューション。LP(ランディングページ)から始まり、現在はバナーや動画広告などへサービス範囲を拡張しています。

主なクライアントはD2C(美容・健康食品)やBtoB SaaS企業、通信キャリアなど。業種や事業規模を問わず、WEBマーケティングを使って集客したいとお考えのさまざまな企業様にご活用いただいています。

ーークライアントから支持されているのはどんなところですか?

岡崎さん:実績に基づいたリアリティのある提案です。例えば、LPに関しては10万件以上の事例を分析したデータベースがあり、それをもとにコンバージョンレートが上がりやすいクリエイティブのご提案をさせていただいています。また、作業工程を細分化して効率良く進めているため、高品質なデザインを短納期で提供することが可能。A/Bテストやコンバージョンレートの改善を高速で実施できる点も高く評価していただいています。

高い成果をあげ、周りにも良い刺激を与えてくれる理想的な人材を採用できた

(採用責任者 岡田さま)

ーー人材採用において課題に感じていることはありますか?

岡田さん:事業が伸びているので採用を強化したいのですが、優秀かつフルコミットしてくれる方はなかなか見つかりません。当社は制作の全体管理は人間の手で行い、自動化できるところは機械に任せていくスタンスです。AIを導入することで人間の作業負担を減らし、クリエイティブに集中できる環境をつくることによって生産性を高めたいという考えなので、そこを面白いと思ってくださる方に来ていただきたいですね。

岡崎さん:スキルが高い方はブランディング会社やクリエイティブエージェンシーに集まりやすく、弊社のようなスタートアップには目が向きにくい傾向があるため、採用難易度は高いです。

ーーWorkshipを利用してみていかがでしたか?

岡田さん:当社はWorkshipのエージェント機能を利用して、アートディレクターを1名採用しました。マッチング精度が高く、ご紹介いただいた方にはAIR Design事業部への配属後、すぐにクリエイティブ制作でハイパフォーマンスを発揮していただいています。

岡崎さん:これまで重要クライアントを任せられる方が限定されていて業務が集中してしまっていたのですが、優秀な方にジョインしてもらえたおかげで、リソースを増強することができました。さらに、スキルの必要なファーストビューなどの制作に関しても素早くクオリティの高いものをつくっていただけるので、それを見たデザイナーたちの目線が上がり、社内のクリエイティブレベルが向上したことも実感しています。

ーー採用されたのはどんな方ですか?

岡崎さん:広告制作会社で紙からWEBまで幅広く携わり、その後はフリーランス個人事業主として社長直下の新規事業案件やマネジメントなども経験されたそうです。大きな企業にいた方の場合、当社のようなスタートアップのスピード感や仕事の進め方になじめず、ちょっとしたボタンの掛け違いが発生することもあるのですが、Workshipで採用したアートディレクターは、1言えば10わかるような理解力のある方で非常に助かっています。当社が求めていた理想通りの方を採用できましたね。

ーーWorkship以外にも人材採用サービスは利用されていますか?

岡田さん:はい。求人広告から人材紹介まで幅広く使っています。ただ、求人広告は登録している方が千差万別。例えば、「アートディレクターの経験者」といってもディレクションしかしたことがなく、手は動せないという方は当社では活躍しにくいです。それを広告では表現しているつもりですが、マッチング精度が高いとは言えないですね。その点、Workshipは登録者のプロフィールを見れば経歴やスキルをかなり詳細に把握することができるのがいいですね。

事前に実技試験と志向の確認を行うことで採用のミスマッチを防ぐ

ーーフリーランスの方を採用するにあたり、どんなところを見て能力や御社との相性を判断していますか?

岡田さん:選考の際に実技試験を行なっています。制限時間内にLPの最初の部分など、実力が反映されそうなところを制作していただき、「表現方法や用件の意図を汲み取れているか」「デザインが古くないか」といったところを見て、当社が求めるクオリティレベルに達しているかをチェックします。

岡崎さん:面接では志向の確認も行うようにしています。当社はマーケティングクリエイティブを提供する会社なので、ブランディングに特化してかっこいいものをつくりたいという方は合わない可能性が高いです。質問を通じて「これまで何をやってきて、これから何をやっていきたいか」をお聞きし、ミスマッチが起こらないようにしています。

今後もWorkshipを通して、AI化が難しい部分のクリエイティブを担っていただける人材と出会いたい

ーーWorkshipの「ここがいい!」という点があれば教えてください。

岡田さん:フリーランス採用に特化した仕様になっていて、「どれくらい稼働できるのか」「時給換算でいくらなのか」など、目安がわかりやすい点がすごくいいです。これまでの経験やポートフォリオも見られるので、クリエイティブ系の募集に関しても能力の見極めがしやすいですね。マッチング精度が高いので、また即戦力として活躍していただける方と出会えることを楽しみにしています!

岡崎さん:Workshipは、どの人材採用サービスよりも登録者の人材の質が高いように感じます。採用実績でいうとまだ1名ですが、実際にその方がハイパフォーマーなので、正直、ほかのサービスより期待値は高いですね。

ーー今後、Workshipを通してどんな方を採用したいですか?

岡崎さん:当社はこれからもクライアントのマーケティング活動の最適化・効率化を”人とAIの協働”で支援していきたいと思っています。プランニングに関わる部分についてはクライアントとコミュ二ケーションを取りながら固めていく必要があり、そこはAI化するのが難しいため、プロの知見が必要な領域だと考えています。

なので、Workshipを通してプランニングをお任せできるような方とマッチングできたら嬉しいですね!そうすれば、きっとどんなクリエイティブを求められたとしてもきちんと提供することができ、さらにクライアントとも信頼関係を築くことができるので、当社にとっては非常にありがたいです。

フリーランス採用を無料で相談する 資料請求はこちら