Workshipの仕組み

Workshipはデザイナー、エンジニア、ディレクター、マーケター、人事、広報、ファイナンスなど、高水準でプロジェクトを推進できるプロフェッショナルをネットワークするスキルシェアサービスです。

企業の利用者様にとっては、Workshipを活用することで、

  • 戦略、施策、事業フェーズ、プロジェクトに合わせた人材の獲得
  • フリーランス、副業、パラレルワーカーからの知見やノウハウ獲得
  • 事業展開の加速

    などが可能となります。

Workshipの基本的な仕組み

Workshipには、次の2種類のユーザーがいます。

  • フリーランス(複業や個人事業主として活動しているユーザー)
  • 企業

    企業が「募集」(いわゆる求人票)を作成・公開すると、フリーランスのフィードに表示されます。企業がフリーランスに「気になる!」をし、フリーランスが募集に「気になる!」すると、マッチング成立となります。

なお、企業が複数の募集を公開している状態においては、下記条件でもマッチが発生します。

  • フリーランスAが、募集Aに「気になる!」
  • 企業が募集Bに関して、フリーランスAを「気になる!」

    つまり、必ずしも企業とフリーランスが、同一の募集に「気になる!」せずともマッチングするということになります。

法人アカウントで利用を開始する

Workshipの企業アカウントを初めてご利用される方向けに、Workshipの基本的な使い方をまとめています。Workshipを活用する上で、必要最低限の情報になります。ご参照ください。

ヘルプサイトで問題が解決しない場合は、お手数ですがお問い合わせフォームからご連絡ください。