フリーランスとメッセージでやりとりする

フリーランスとマッチングが成立すると、メッセージのやりとりができるようになります(“マッチング成立=発注確定”ではないので、ご注意ください)。
メッセージでやりとりをして、面談日時の調整やお互いの認識・要望についての擦り合わせを行います。

■使い方

1. メッセージを開く


画面上部にある「メッセージ」を押してください。

まだ確認していないメッセージがある場合は「メッセージ」の横に、赤い丸と未確認メッセージの数が表示されます。

2. メッセージを作成して送信する


メッセージの記入欄は画面下部にあります。「送信」ボタンを押すと、作成したメッセージがフリーランスへ送信されます。

■メッセージの機能

① 「全て」のメッセージと「自分のメッセージ」の表示切り替え

「全て」には、自分以外の担当者が対応したものを含む、全てのメッセージが表示されます。
「自分のメッセージ」は、自分が送受信したメッセージのみが表示されます。

②検索/フィルタをかけてやりとりを探す

候補者名やプロフィールのキーワードでの検索のほか、募集やステータスごと、メッセージやマッチングの新旧で絞り込み、やりとりを探すことができます。

③ファイル添付機能

フリーランスへ書類や画像ファイルを送信できます(上限30MB)。

④メッセージテンプレート

メッセージのテンプレートを作成し、社内で共有することができます。


メッセージ記入欄の横にある「」ボタンを押すと、テンプレートの登録/挿入画面が表示されます。

新しくテンプレートを作成する場合は、「新規作成」を押してください。「保存」を押すとテンプレートが登録されます。
「挿入」ボタンを押すとメッセージ記入欄にテンプレートが挿入されます。「送信」ボタンを押して、メッセージを送信してください。

テンプレートにはタグを使用すると、フリーランスの氏名や募集名などが自動的に反映されるようになります。
名前の打ち間違い等にご活用ください。
使用できるタグは、テンプレート作成欄の下に記載されています。

⑤フリーランスの情報欄

プロフィールページを開くことなく、フリーランスの単価や希望する働き方、スキルなどを確認することができます。

⑥メモ

やりとり中のメモにご利用ください。
なお、相手のフリーランスには表示されません。

⑦面談調整


面談日程の提案〜オンライン面談までを実施することができます。
詳しい利用方法については、「面談を調整する&オンライン面談を実施する」をご覧ください。