ChatworkとWorkshipを連携する方法

Chatwork連携のステップが下記になります。

1.ChatworkのAPI tokenを発行してコピーする
2.Workship ENTERPRISEで「インテグレーション」の設定画面をひらく
3.API tokenのコードを貼り付ける

以下、各ステップの詳細を説明していきます。

1.ChatworkのAPI Tokenを発行してコピーする

Chatworkにログインして画面右上のアイコンからメニューをひらきます。「API設定」を選択して先に進みます。

「API Token」を選択すると上記の画面が表示されます。Chatworkでログイン時に使用するパスワードを入力して「表示」を押下します。

表示されたAPI Tokenをコピーしましょう。

2.Workship ENTERPRISEで「インテグレーション」の設定画面をひらく

インテグレーションの設定画面へは、右上のアイコンのメニューからアクセスします。「インテグレーション」と表示されているのでこちらを選択します。

各種インテグレーションの中に『Chatwork』と表示されるので、右側にあるスイッチをオンの状態にしましょう(画像の状態は「オフ」を意味します)。

3.API Tokenのコードを貼り付けてチャネルを選択する

こちらにChatwork API tokenを貼り付けると、下記の画面が表示されます。

連携するチャネルを選択して「連携する」ボタンを押すと完了です。

連携方法については以上です。

連携が完了すると、「マッチング成立」「自社の募集に気になる!をされた時」「候補者からメッセージが送られた時」にChatworkに通知されるようになります。

・移動時間もChatworkから通知を手軽に確認できる
・候補者との「マッチング成立」を見落としにくくなる
・毎回メールを確認しなくてすむ

など多数のメリットがあります。

連携を完了してさらに便利にWorkshipを活用していきましょう!