SlackとWorkshipを連携する方法

Workshipはビジネスコミュニケーションパブ「Slack」との連携をスタートしました。
ここではSlackとWorkshipを連携する方法についてご説明します。

一度連携すると、

  • 移動時間もSlackから通知を手軽に確認できる
  • 候補者との「マッチング成立」や「気になる!」を見落としにくくなる
  • いちいちメールを確認しなくてすむ


など、さらにWorkshipが便利にご利用いただけます。連携は下記ステップで完了します。

  1. 「インテグレーション」ページに移動する
  2. WebhookのURLを入力する
  3. Webhook URLの取得方法


以下で連携方法を説明していきます。

1. 「インテグレーション」ページに移動する

画面右上のアイコンからメニューを開き、「インテグレーション」を選択します。

2.WebhookのURLを入力する

下記画面が表示されたら、Slackの管理画面で取得できる、Webhook URLを入力してください。

Webhook URLの取得方法

WebhookのURLは、Slackの「incoming Webhook」のページから取得します。

投稿するチャンネルを選択して、「Incoming Webhook インテグレーションの追加」ボタンを押しましょう。

Webhook URLが発行されるので、こちらをSlackとWorkshipのインテグレーション画面で入力してください。「連携する」ボタンを押すと完了です。

以上になります。今すぐ連携して、フリーランスとのコラボレーションを加速させましょう。